大切にしてきたかばんが剥がれたり汚れたりしたらもう使えないのかと言えば、そんなことはなくしっかりと修理すればまだまだ長く使用することができます。
まずメーカーの直営店に持ち込むことでアフターサービスやメンテナンスを受けることができますが、様々な理由でメーカーで直すのが困難な場合があります。
そんなときは経験豊富で実績がある業者が無料で見積もりを行っているので、メールで見積もり依頼し商品を業者へ発送します。
また直接来店して持ち込むことも可能です。

かばんの剥がれは修理できる!お気に入りのかばんは長く使おう

かばんの剥がれは修理できる!お気に入りのかばんは長く使おう 実績があるかばん修理の専門業者で見積もりを依頼するには、まずメールアドレスにお客様のお名前や住所や電話番号を入力します。
次に希望する内容を入力し直したい部分のアップ写真と直したい部分を中心にした全体写真を添付して、メールを送ると 業者が確認して電話で連絡があります。
その時にお客様から担当スタッフへ詳しく剥がれなどかばんの状態を伝えると2日から4日の間に、修理の期間や金額をメールで送ってくれます。
そしてお客様が見積もり金額に納得されたらかばんを送料着払いにて、箱にカバンを入れて業者へ発送すると到着次第に 剥がれを直していきます。
それから修理を終えると請求書を送るので、入金を確認するとかばんをお客様の元へ送ってくれます。

パイピングが入っているかばんの修理の仕方について

パイピングが入っているかばんの修理の仕方について 最近では、このパイピングが入っているかばんやコート、洋服がトレンドとなっているため、自分のお気に入りなものとして持っている方が多いでしょう。
ですが、このパイピングの入っているものはすぐに劣化してしまうことが多いために、修復をすることを諦めてしまう方もいらっしゃいます。
本当は直して使い続けたいと考えている方も少なくないため、今からそんな方にぴったりなこの加工をしてあるかばんの修理の仕方について説明していきます。
この加工が入っているかばんは壊れやすいため、壊れてしまったらまずはこれ以上に壊れないように無理やり扱うようなことはしないでください。
その上で、自分自身で修復することができる方は同じ生地のものを使用しながら直すようにしてください。
それでないと素材と合わなかったり、くっつけることができなくなってしまう可能性があるため、必ず守って作業を行いましょう。
自分自身で直せなかったり、この作業が苦手だと感じる方は自分で作業を行ってしまうとかばんを壊してしまう恐れがあるために職人さんなどのプロに依頼をお願いした方が良いです。
これなら確実に修理できるので、また再び使うことができます。
このようにパイピングが入っているかばんの修理の仕方は得意か苦手かで選ぶと良いです。

自分一人でかばん修理をする際に知っておくべきポイント

大切に扱っていたとしても長く使用していれば汚れが付いたり、擦れて穴が空いてしまったりなどかばんは購入時から徐々に劣化していきます。使用するのが難しい状態になった場合は処分、もしくは修理のどちらかを選ぶことになります。処分ではなく直して今後も使用していきたいのであれば、先に修理方法を決める必要があります。自分一人で行う際に知っておくべき重要なポイントは絶対に無理をしないことです。知識や経験がない初心者が取り組む場合は間違った方法だったり、過度になったりなどプロに比べると失敗のリスクは高いです。自分で全て行うということで費用面では安く済ませられるメリットはあるものの、失敗によって状況がより悪化する状況は十分に考えられます。ですから、少しでも不安要素があるなら自分一人で直すのは避けるのが無難な判断と言えます。それでもかばんを自分で直したい時は、入念なシミュレーションを実施して間違いが起こらないように努力が必要です。

壊れたかばんを専門業者に修理してもらうには

お気に入りのかばんを長く使い続けていると、どこかが壊れてきます。まだ使い続けたいと考えた時に、かばんの修理を行ってくれる専門業者を探すと良いでしょう。駅などの周辺に、メンテナンスをするショップが見つかる事があります。仕事帰りに立ち寄ってみれば、かばんの状況次第では即日で対応してくれる事もあるので、翌日から再び愛用しているかばんを使えるようになります。壊れ易い部分は、取っ手やファスナーです。トートバッグなどであれば、底に穴が開いてしまっているという事もあります。壊れた箇所によって修理方法は変わってくるので、複数の修復方法を行える専門業者を選ぶのが安心です。また、店を選ぶポイントは実績があるかどうかという点でしょう。多数の実績があれば、様々なケースに遭遇して直してきているので、仕上がりに期待出来ます。まだ新しい店で仕上がりがどのようなものであるのか分からない場合は、仕上がりがそれほど期待出来ない事もあります。

高級なかばんや思い出の詰まった物は、良心的な修理費用の専門店へ

お買い物に使うエコバッグなどは、お手頃な価格でお店に並んでいます。リーズナブルなアイテムは身近なお店で購入しやすく、元々日常品のエコバッグは広い意味で消耗品なので気兼ねなく買い替えられるでしょう。一方で高級ブランドのビジネスバッグや一流メーカーのファッションバッグやスポーツバッグ、有名アウトドアブランドのリュックサック等は気軽に買い替えにくいものです。旅の思い出がたっぷりと詰まっていたり、大事な人にもらった貴重な品だったりと、エコバッグとは少々勝手が違います。ただ高級ブランドのかばんも経年劣化の影響は避けられず、修理が必要になった時は早めに最寄りの専門店に相談したいところです。パーツの破損や部分的な破けや軽い汚れなら、リーズナブルな修理費用で済みやすいです。専門店の長所は、幅広いかばんのメンテナンスに対応している点です。国内メーカーは勿論、海外ブランドのかばんにも対応してくれますし、かばんの大きさや役割や素材などに関係なく、良心的な費用でメンテナンスを依頼できます。

かばん修理を行うほうが買い換えよりお得になることが多い

かばんに問題が発生したらすぐに処分して新しいものを買う人が多いですが、実は買い換えるよりも修理を行ったほうがお得であるケースが多いです。問題の程度や使用されている素材などによって違いはあるものの、同程度のものを購入するよりお得であるケースが多いことを知っておきましょう。破れや擦れ、穴あきなどの問題からファスナーやボタンの破損、肩紐の破損のようなトラブルまで対応してもらうことができます。他にも、装飾品が取れた、シミがついてしまったというような場合でも依頼できることが多いです。こういった内容を依頼するので高くなってしまうと思う人もいるかもしれませんが、熟練された技術を持つスタッフが素早く対応しているため、新しく買うよりも安いけれど確かな仕上がりを期待することができます。かばんのトラブルが起こったとしても、すぐに買い換えを検討するのではなく、まずは修理の依頼を行うことを考えてみると良いでしょう。

必要な工具を揃え、セルフでかばんの修理を

通勤に遊びに、かばんは大切な持ち物を運ぶ為に毎日活躍してくれるものです。その寿命は素材により異なりますが、本革のかばんであれば10年以上もつと言われています。経年劣化が気になり、古くなったらすぐに買い換えるという人もいるかもしれませんが、定期的なメンテナンスを行えば、長く美しい状態で使用することができます。また、ファスナーや金具が壊れたら、新しいものに買い替えたりお直し店へ行かなくとも、自分で修理することも可能です。自分で修理をすれば、必要な金属打ち具やペンチなどの工具を揃えても、出費はかなり安く抑えることができます。近年ではブランド買取店などで安く購入した革製品を、自分でリペアをして新品同様にしてしまう人も多いようです。色褪せやしみ、カビ、変色や擦り傷なども、経験を積めば簡単に目立たなくすることが可能です。ファストファッションが流行している今、本当にいい物を長く使うという考えを忘れてはいけません。

カバン修理の最新情報をもっと

カバンの修理情報